私たちについて

はじめまして、生活ニュースコモンズです。

2023年7月14日、新聞社で働いてきた女性たちが集まり、たちあげた小さなメディアです。一人一人が大切だと思うこと、いま伝えなければと考えることを自由に発信しています。

今のメディアへの違和感から

なぜ、コモンズという空間をつくったのか。
それは、メディアが「男性中心」だからです。

「日本には女性差別なんて存在しない」「女性のほうが守られている」

そんな声を時折、耳にします。
けれど、私たちが生きる社会に目を凝らすと、違う現実があることに気づきます。

男性との賃金格差、シングルマザーと子どもの貧困、性暴力やドメスティックバイオレンスの被害、女性に偏る家事・育児時間、女性だけが罰せられる堕胎罪ーー。私たちの暮らしのあらゆるところに、差別や格差は根を張っています。

ではなぜ、格差が見えにくいのでしょう?
その一因は、私たちが働いてきたメディア、新聞やテレビのニュース番組が、しっかりと可視化してこなかったことにあるのではないでしょうか。メディアの意志決定層(その日の記事や番組でどんなニュースを取り上げるか、決める人たち)を占めているのはほぼ、男性です。似通った集団は「興味関心」「大事だと思うこと」も似てしまうので、どうしても価値判断に偏りが生じます。

それでは、この多様な社会を映し出すことはできないと思うのです。
そんなメディアのなかで私たち自身、悩んできました。自分たちにとって優先順位が高いと思うニュースがラインアップにのらず、こぼれ落ちていくことに、悔しい思いをしてきました。 組織を離れた私たちだからこそ伝えられることを、私たちなりの視点で、発信していきたいと考えています。

情報が集まり、人が集まる
記者のひらく「公園(コモンズ)」

コモンズ(commons)には「共有する空間・公園」といった意味があります。さまざまな人がやって来て、出会い、話をする。 ちょっと元気になり、また自由に行き来ができる。 そんな空間になることを願っています。

私たちの最終的な願いは、コモンズを成長させることではありません。
コモンズのような存在が私たちにとって、女性の記者にとって、なぜ必要だったのか。 所属する既存の組織メディアでは、なぜそれが叶わなかったのか。 私たちが発信する記事を通して、その問いと答えをできるだけたくさんの人と共有し、ともに考えていきたいと願っています。

私たちの言葉が、もっと遠くへ広がってゆくように――
ロゴに込めた思い モチーフは鳥と手のひら

コモンズのロゴマークは、「カナリヤ」という鳥をモチーフにしました。空を自由に飛ぶ鳥のように、私たちの言葉が遠くまで届くように、のびのびと広がっていくようにという願いを込めています。翼の部分は「手のひら」をイメージし、優しく柔らかい線を描きました。確かな情報を安心できる形で届けていきたいという私たちの思いを表しています。

カナリヤはまた、「まだ起きていない危険や、目では感知できない危険を知らせる」存在でもあります。《Canary in the coal mine(炭鉱のカナリヤ)》という慣用句がありますが、これは石炭を採掘する炭鉱夫がカナリヤを連れて現場に入った歴史に由来します。毒ガスといった目に見えない危険を知らせてくれる存在だったからです。

生活ニュースコモンズもまた、社会の進む方向に警鐘を鳴らし、埋もれた問題に光を当てるメディアでありたいと考えています。

各地に暮らすメンバー

コモンズに関わっている女性たちは、もともとつながりのあった人同士もいれば、初対面(コモンズで初めて出会った)という人もいます。新聞、テレビのニュース番組など、働いてきたメディアはさまざま。東京もあれば地方もあり、それぞれ違った視点、感性、問題意識をもっています。

メンバーが住んでいる場所はさまざまですので、顔を合わせ、話し合うのはほとんどオンラインです。定期ミーティングでは「こんな問題が起きている」「うちの地方でこんな悩みを抱えた人がいる」など、それぞれの気づきやテーマを持ち寄り、語り合います。「この専門家に取材をするといいかもしれない」「こういう切り口がある」とアドバイスし合い、それぞれが現場に向かいます。

阿久沢悦子
阿久沢悦子
(あくざわ・えつこ)

記者/朝日新聞記者を経て、2023年4月からフリー。関心のある分野は医療、教育、労働、格差。学芸部時代に担当した映画やアート、俳句・短歌も

阿久沢悦子
阿久沢悦子
(あくざわ・えつこ)

大事なことは全部映画から教わりました。ひねた脚本と凝ったアングル、寓話性の高い物語が大好物。好きな映画はアレクサンドル・ホドロフスキー監督の「リアリティのダンス」、ヨルゴス・ランティモス監督の「哀れなるものたち」、パールフィ・ジョルジ監督「タクシデルミア」。

  • X
岡本 有佳
岡本 有佳
(おかもと・ゆか)

記者/編集者、ライターとして活動する。女性たちの表現活動やメディア問題のほか、日本軍「慰安婦」問題などにも関心がある。共編著『《自粛社会》をのりこえる』(岩波ブックレット)、『政治権力VSメディア 映画『共犯者たち』の世界』(夜光社)など。

岡本 有佳
岡本 有佳
(おかもと・ゆか)

韓国の女性運動やメディアの問題、さまざまな芸術表現の取材も続けている。その中で出会った忘れられない言葉「いま闘っている人を孤独にするな!」。コモンズでは当事者を置き去りにしない継続した取材をしていきたい。映画、芝居、アートなどの共同批評にも挑戦したい。

小山美砂
小山美砂
(こやま・みさ)

記者/毎日新聞記者を経て、2023年からフリー。広島市在住。「原爆被害の境界」をテーマに、取材を続けている。著書に『「黒い雨」訴訟』(集英社新書)。

小山美砂
小山美砂
(こやま・みさ)

ライターと名乗るべきか、ジャーナリストと名乗るべきかでいつも悩む。いろんな仕事を掛け合わせて、肩書きのない存在になることが目標。最近はたこ焼き屋のお手伝いや出張本屋もしています。noteには、休職体験記や自分の弱い部分を見つめる日記を公開中。うまく頑張れない自分を肯定したい。

  • X
  • Facebook
三浦美和子
三浦美和子
(みうら・みわこ)

記者/秋田魁新報記者を経て、2023年からフリー。秋田市在住。LGBTQ+、ジェンダー、人権、日々のくらしを地方から発信。

三浦美和子
三浦美和子
(みうら・みわこ)

漫画に助けられて生きてきました。 広げたい言葉は「無理をしない」。 どんな言葉もむなしくなる、過酷なことが起きています。でもそれは今起きたわけではなく、ずっとあったことなんだと気づく日々です。これまで誰かが繋いできてくれたものを、私も0.01ミリでも繋いでいきたいです

  • X
  • Facebook
  • Offcial Homepage
吉永磨美
吉永磨美
(よしなが・まみ)

記者/2023年に毎日新聞記者を退社。社会福祉、ジェンダー、労働、メディア、戦争前夜などをテーマに取材。21-22年新聞労連で委員長を経て、メディアの問題についてもしばしば吠える。

吉永磨美
吉永磨美
(よしなが・まみ)

最近は社会福祉分野における日本の変節、優生学、戦争前夜、大政翼賛について考えている。雑誌の編集もしている。最近読んでよかった本:「安楽死が合法の国で起こっていること」(児玉真美著、ちくま新書)/これから見る映画「風よ あらしよ」/最近好きなアーティスト:キング・ヌー/日々の楽しみは飼い犬やトイレにある犬のカレンダー(ビーグル)を見てニヤニヤ、東京の隅田川近くのカフェで、浅煎りで酸味の強いコーヒーをすすり、うまいパンをかじること。

  • X
  • Facebook
渡邉麻友
渡邉麻友
(わたなべ・まゆ)

記者/信濃毎日新聞を経て、2023年からフリー。関心のある分野は自然科学、防災、医療福祉

渡邉麻友
渡邉麻友
(わたなべ・まゆ)

1986年生まれ。信州大理学部卒。好きな場所は博物館と信州の山々。好きな食べ物はビール。趣味は瓶ビールのキャップ収集。

空

(そら)

記者/東日本の新聞社に勤務中。ジェンダー、ひきこもり、貧困問題を長年取材

空

(そら)

記者/東日本の新聞社に勤務中。ジェンダー、ひきこもり、貧困問題を長年取材

海

(うみ)

記者/東日本在住。ジェンダー、教育などを取材

海

(うみ)

記者/東日本在住。ジェンダー、教育などを取材

生活ニュースコモンズ動画チーム
生活ニュースコモンズ動画チーム
(どうが・ちーむ)

生活ニュースコモンズの動画制作チームです。

生活ニュースコモンズ動画チーム
生活ニュースコモンズ動画チーム
(どうが・ちーむ)

長年、報道現場で働いてきた私たちが感じるのは、「何をニュースとして報道するのか決める時、その”物差し”に“ジェンダー平等の視点”が入っていない」ということ。個人の問題として見過ごされてきた出来事(ニュース)に、ジェンダー平等の視点から向き合いたいと思っています。

  • Offcial Homepage