「秋田市 生活保護費返還問題」
特集記事一覧

全12件の記事

秋田県秋田市が28年間にわたり、生活保護の「障害者加算」を誤って過大に支給し、対象者に過支給分の返還を求めています。突然、多額の「返済」を求められた受給者からは「物価も上がって生活が苦しいなかで、払えるわけがない」との声が上がっています。返還対象額は最も多い世帯で149万円に上り、正当な保護費と信頼して生活を組み立てきた受給者にとって、いわれなき「借金」となっています。「返済を求めていく」という方針を貫く秋田市。生活保護費返還問題に、焦点を当てます。

Page